« 2008年6月 | トップページ | 2010年6月 »

2009年8月31日 (月)

国民の期待?賭け?

久しぶりの更新になります。
ほったらかしで、すみません・・・

まず最近の私の近況から。
仕事が忙しかったのですが、体調を崩してしまいました。
仕事は続けていますが、半分療養中のような感じです。

で、昨日は衆院選の投票日でした。
私は朝のうちに投票をして来ました。
日本国籍を取得して以来、投票日には必ず投票をしていますが、毎回投票が出来る喜びを感じています。
なんとも言えない幸福感と充実感があります。

さて、そんな私ですが、今回の選挙では選挙区・比例区ともに自民党に投票しました。
仕事の忙しさもあって、最近の国政の動きやニュースには疎かったのですが、なんと言うんでしょうか、新聞やTVで知る限り世の中の流れが「政権交代」に傾き過ぎているように感じていました。
それほど自民党を支持しているわけではないんですけど、そんなに民主党っていいんですかね?
たしかに政治を変えたほうがいいというのは分かるんですけど、「じゃあ次、民主党やってみて」とは思わなかったです。

投票の結果、民主党が圧勝でした。
おそらく民主党が勝つんだろうなぁとは思ってましたけど、これほどまでの圧勝とは、ちょっと怖いです。
それだけ、国民の期待が大きいということなんでしょうか。

まぁ、政権を取った以上、その責任は果たして頂きたいと願いますが、期待が大きい分、落ちる時は無残なことになるような気がします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2010年6月 »