« 2007年8月 | トップページ | 2008年6月 »

2007年9月26日 (水)

散るドレン

本当は安倍さんが辞任会見をした翌日に書きたかったんですが、完全にタイミングを逸してしまい、今さら何を書いていいものかと思案しております・・・

安倍さんの辞任については、第一報を聞いた時には「こんな時期に無責任だなぁ」と思いましたが、会見の様子を見て「もう無理なんだなぁ」と思いました。
正直、安倍首相に期待していた分、とても残念です。

理由がどうあれ、大事な国会の途中で辞任したんだから安倍さんの責任が問われ批判されるのは当然のことでしょう。
だけど、その後のマスコミは酷かったねぇ。
安倍さんの体調を気遣うような人は少なくて、もっぱら次期自民党総裁レースの話題ばっかり。
転がる石は、トコトン落とされていくんだなぁ。
安倍さんに同情しちゃったよ。
何やったって批判されてばかりで、首相って職業はツラいよね。
私なんか、仕事でどんなにミスしようがサボろうが(いや、サボッちゃいないけどw)、せいぜい上司に怒られて給与の査定が下がるくらいで、首相みたいにマスコミから叩かれることなんて無いもの。
いや、首相を私なんかと比べたら失礼なんだけど(笑)、その重責たるや想像も出来ませんって。

で、マスコミも酷かったけど、もっと酷かったのが小泉チルドレンと呼ばれている面々ね。
小泉さんの擁立に失敗した直後、たしか彼らは小泉改革路線に出来る限り近い人を支持する、って言ってなかったっけ???
だぁ~ったら、麻生さんを支持しなきゃ嘘でしょうが。
それが何だ、あいつらは。いや、もうあいつら扱いでいいよ。
なんっっっで、福田さん支持になっちゃうんだよ。
節操無いようなぁ、ほんっとに。
安倍さんにも、これくらい図太い神経があったなら、任期を全う出来たのかもしれないのにね。

力は無くとも、小泉さんの敷いた改革路線に立っている限り、「小泉チルドレン」の存在意義はあると思ってたんだよ。
人間的な好き嫌いは別にしてさー。
それがどうよ、これ。
次の選挙で、みんな落ちちゃいな。

で、福田さんが自民党新総裁、第91代総理大臣ですか。
へーーー。(笑)
まぁ、まがりなりにも日本の新しい首相ですから敬意は表しますよ。
だけどなぁ・・・
麻生さんの政治家生命を考えた時に、麻生さんには一旦休んでもらって福田さんが首相になっておくのがいいのかなぁと思ってもみましたが、いやいや、やっぱり福田さんでは対北朝鮮政策に不安を感じてしまいます。
適当なところで手を打つんじゃないか?という、懸念。
これがどうしても拭えない。
私はこの一点において、麻生さんが首相になっておくべきじゃなかったのか?と思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年9月 3日 (月)

21世紀のトレンドは仕事も宿題も丸投げ

金で解決…親も子供も宿題丸投げ 代行業者が繁盛(産経新聞)

--- 記事引用開始 ---
  「読書感想文」から「自由研究」まで、夏休みの宿題を片づける「宿題代行業者」が
 登場し、賛否を呼んでいる。メールなどで届いた依頼に、アルバイトの学生らが有料で
 応える。多くの小中学校で夏休み最後となる今週末は“駆け込み客”が殺到していると
 いうが、「家庭学習の習慣を身につけるという本来の趣旨に反している」と、教育関係
 者は批判的だ。
 
   (以下、省略)
 
--- 記事引用終了 ---

まぁね、私も夏休みラスト1週間でスパートをかけ、最後の31日は徹夜で宿題を片付けていたほどの計画性の無い人間なので「決して」エラそうなコトは言えませんが(爆笑)、でもねぇ~、さすがにこれはイカんでしょう。
「本来の趣旨から外れる」という教育的な理由もそうだけど、これ、子供の問題を親が簡単に金で解決しようって根性が気に入らないねぇ。
そんなんで育てた子供は、将来どんな大人になるんでしょうか???
しょせん、世の中は金しだいっすか?あ~、そうですか。

しっかしねぇ・・・何万も払って子供のケツを拭く親ってなんなの?
毎年カツオの宿題を手伝うハメになる波平もどうかと思うけど(笑)、まだあれは自分でやっている分だけマシか?
それを金払って丸投げって、子供に甘いっつーか、過保護もここまで来たらもう笑う気すら起きないねぇ。
いや、過保護っていうか、こういうことをする親にとって大事なのは、実は子供じゃなくって親自身のメンツとかその程度のモノじゃないっすか?
まったく、教育が必要なのは、子供よりもこの手の親だなーってつくづく思いますよ。

この記事は、いわゆる「ホリえもん」から「村上ファンド」で問題になった「金儲け主義」とか、義務教育の給食費を支払わない親たちの「倫理観の無さ」とか、そういうコトと大いに関係していると思いますね。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

« 2007年8月 | トップページ | 2008年6月 »